宮城県在住。日々の出来事を書きます。
お別れのあと
2016年01月30日 (土) | 編集 |
周囲の方々が私の事を心配してくださり、本当に有り難いです。

愛犬「レオン」とお別れした翌日、

ようやく涙が出て、泣いたらスッキリできました。



ここからは目に見えない(スピリチュアル的な)話です。

確証が得られない内容ですが、私は気持ちの部分では信じています。


(様々な理由から、)死後もこの世にとどまっているペットの魂が多い

という内容の記事をネットで見た事があります。


レオンの死後に心配した事は、

レオンの魂がちゃんと上(天国)にいけるかどうか、ということでした。

レオンは自分が死んだことを理解できるのか、

この世でやり残したことや執着していることはないのか、

そんなことを私は心配していました。


この世に心残りがないように、レオンの亡骸の近くに、

おやつと水、ペット用スポーツドリンクを供えました。

しかし長時間、お供えしておくと、

かえって魂がこの世にとどまってしまうこともあるようなので、

短時間のみお供えしました。

いつも散歩に行く時に使っていた「リード」と、

遊ぶ時に使っていた「ボール」もそばに置いておきました。


私の母は、

「亡くなった当日は、レオンがずっと私のそばにいるような気配がしたから、

 『この世にいないで、ちゃんと上に行くんだよ』と話しかけていた」

と言っていました。

深夜になり、レオンがいつもいた場所から1度だけ物音がして、

翌日からはレオンの気配がなくなったようです。

「たぶん深夜のその時に、無事に上へ行ったんだね」と母と安堵しました。


母は<霊感>と言われるようなものが少しあるのですが、

ハッキリと何かが見えたり聞こえたりするわけではなく、

「そんな気がする」程度のものです。

以上、我が家の目に見えない話でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可