宮城県在住。日々の出来事を書きます。
東日本大震災14
2011年04月27日 (水) | 編集 |
3月11日の地震。
1000年に1度の大地震と言われている。

先人たちが残した仙台市内のとある神社。
私がその神社の由来を知ったのは、3月11日よりあとのこと。
神社の近くは何度も通ったことがあり、その神社の存在は知っていたのが…。
浪分神社 [なみわけじんじゃ]
 (宮城県仙台市若林区霞目)
浪分神社

<仙台市ホームページ 神社めぐり「七郷界隈」より抜粋>
元来は元禄16年(1703)に霞目の八瀬川に建てられた稲荷社だったが、天保6年(1835)に現在地に移されて浪分神社という名になった。
七郷一帯は標高が低く、昔から津波や洪水の被害が大きかった。慶長16年(1611)の慶長大津波では霞目まで水が押し寄せ、1700人を越える死者を出している。
天保期に、慶長の大津波が二つに分かれて引いた場所に稲荷社を移し、津波よけの神社とした。この神社には、白馬にまたがった海神が大津波を南北に分けて鎮めたという伝説がある。
仙台市ホームページ [神社めぐり「七郷界隈」]

※また、貞観11年(869)にも貞観津波と呼ばれている大津波があり、
 被害が大きかったようである。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

3月11日から1ヶ月半経ちますが、
地震の影響で、電柱が傾き、道路は凹凸だらけです。
主要道路はだいぶ舗装されましたが、
住宅地内の道路や田んぼ道などは注意が必要です。
↓電柱傾いています…。
地震後
↓危険な個所はカラーコーンなどが
 設置され注意を促していることが多いです。
地震後

地震後

地震後


みんなが落ち着いた生活ができるようになりますように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
過去は・・・
クオちゃん、こんにちは。

過去の出来事って、いろいろなことを教えてくれるんだね。
過去は繰り返されるって言われるけど、
意識だけはしていた方が良いみたいだね。

東高付近の道路かな?
インフレが整理されますように!!

ぼこぼこ道路なので、運転気をつけてね。
2011/04/27(Wed) 13:01 | URL  | ぜん #-[ 編集]
ぜんさんへ☆
こんばんは。
コメント、ありがとうございますv-354

先人たちが未来の私達へ向けて、
ちゃんと津波の被害を教えてくれていました。
意識した方が良いですねv-278

写真の道路は霞目と荒井周辺ですv-212
運転、気をつけます!!
特に夜間は主要道路を通るようにしています。
2011/04/27(Wed) 20:50 | URL  | クオ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック