宮城県在住。日々の出来事を書きます。
東日本大震災 ボランティア3
2011年05月02日 (月) | 編集 |
災害鍼灸マッサージプロジェクトへの参加2回目の昨日。
鍼灸・マッサージの資格を持つ他県の先生方が参加してくださり、
夜は宮城県内のホテルに泊まっているそうです。
遠方からお越しいただき、本当にありがたいです。


私は午後から名取で治療を必要としている方々の所へ行く事になり、
その前に鍼灸の先生お二人と一緒に車で名取市内を走りました。
他県からお越しいただいた先生に津波の被害を見ていただくために、
仙台空港と閖上(名取市)周辺に行きました。
仙台空港は私も震災後初めて行ったのですが、
津波の被害はあまり見られないほどに片づけられていました。
閖上も4月9日に行った時よりも、漂流物がなくなっていました。
車や船、ガレキなどがたくさんあった時もショックを受けましたが、
片づけられて何もない光景にもショックを受けました。
私以上に一緒に行った先生方はショックを受けたかもしれません。

その後、ちょっと気持ちを落ちつけてもらうために、
雷神山古墳へ行ってきました。
天気が悪かったので、雷神山古墳は誰もいなかったです。
桜は散ってしまいましたが、自然たっぷりの雷神山古墳。
心地良い空気を吸い、リフレッシュすることができました。


ボランティアに話を戻しますが、
昨日は避難所ではなく、消防署と市役所で活動させていただきました。
みなさん、休みなく働いている方々なので、
疲れが溜まっていらっしゃるようでした。
名取市民の私としては、
名取で働いている方々のお役に立てるのが本当に嬉しかったです。
被災者の方々だけではなく、被災地で働いている方々も、
大変疲れていらっしゃいます。
毎日のお勤め、ありがとうございますm(__)m

こうしてボランティアに参加させていただくことで、
普段関わり合うことのない人との繋がりが生まれ、
たくさんの良い出会いをすることができました。
今回と前回、お世話になった先生方は、
ゴールデンウィーク中にお帰りになるそうなので、
名残惜しいですが昨日、お別れしてきました。
(今日私は通常通りの仕事です。)


他県からの様々な形での支援、本当にありがとうございます。
昨日お会いした先生が、
海外の方々も励ましやお悔やみの言葉をかけてくれているとおっしゃっていました。
人の優しさってすばらしいと改めて感じました。


~みなさんが安心して眠ることができるようになりますように~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ボランティアお疲れさまでした。
遠くからもボランティアに来てくださった方が
いらっしゃたんですね。
とても嬉しい、東北のことを気にかけてくれている
と思うと、とても心強いです(^^)
2011/05/02(Mon) 12:57 | URL  | じゅんこ #-[ 編集]
ありがとうございます
クオちゃんをはじめ、ボランティアさんに感謝します。

クオちゃんが言うように、
大震災を通して様々な出会いや気づきをもらったような気がするね。

みんなの心がどこかでつながっている、
それをまざまざと知らされた今回の出来事。

きっとボランティアに参加できなかったり、
遠くで普通の生活をしている方の中にも、
心がつながったいる人たちがいるんだろうなぁと思います。

クオちゃんとみなさんに感謝です☆
2011/05/03(Tue) 00:01 | URL  | ぜん #-[ 編集]
じゅんこさんへ☆
おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

他県から支援に来てくださる方がたくさんいて、
本当に心強いですね。
ボランティアなので交通費や宿泊費等は、
個々で何とかしなければなりません。
それでも支援しに来てくださっているので、
ありがたいですねv-421
2011/05/03(Tue) 08:26 | URL  | クオ #-[ 編集]
ぜんさんへ☆
おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

震災を体験して初めてわかった事が多々あり、
人との繋がりも強く意識できました。
ぜんさんのおっしゃる通り、
ボランティアに参加できなかった人もいると思いますし、
寄附などの形で支援してくださる方もたくさんいます。
すべての方々に感謝していますv-421
2011/05/03(Tue) 08:38 | URL  | クオ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック