宮城県在住。日々の出来事を書きます。
東日本大震災 ボランティア7
2011年06月07日 (火) | 編集 |
震災からもうすぐ3ヵ月。
私が住む宮城県名取市では、
避難所生活をしていた方々の多くが、仮設住宅等へ移動された。
県内でも地域によって仮設住宅への移動可能な時期は違うらしい。
石巻市では多くの方々が避難所生活を続けている。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

5月に災害鍼灸マッサージプロジェクトに参加した時に知り合ったN先生が、
宮城県石巻市でボランティア活動するとのことで、
私も昨日一緒に活動させていただきました。
今回は震災鍼灸マッサージボランティア はりきゅう便という団体に
登録して、参加しました。

N先生と石巻出身のSさんと一緒に、
石巻市内の避難所で朝から夕方まで活動させていただきました。
・N先生が作成された案内
N先生作成
↑避難所にいる方々がわかりやすいようにと、作成してくださいました
 N先生、ありがとうございます!!

・手ぬぐい
手ぬぐい
↑私のボランティア活動においては必須アイテムの手ぬぐい。
 友達や周囲の人から贈られた可愛い手ぬぐいが大活躍です!!

・避難所の炊き出し
避難所昼食
↑自衛隊の炊き出し。
 とても美味しそうです。
 避難所の方々は、「温かい物が頂けてありがたい」とおっしゃっていました。
 「震災直後は小さいおにぎり1個だけだったから、
 食べ物のありがたさがよくわかる」とも。


石巻の仮設住宅への入居は抽選で決まるそうなのですが、
まだ仮設住宅へ移動できない方々がたくさんいらっしゃるそうです。
先の見えない不安な日々を送っていて、
夜に眠れない人が多いそうです。
~早く落ち着いた生活ができるようになりますように~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック