宮城県在住。日々の出来事を書きます。
東日本大震災 ボランティア10
2011年12月18日 (日) | 編集 |
宮城県気仙沼市へ、
会社の人達とボランティアに行ってきました。

仙台から車で3時間かかりました。
海沿いから行くルートは混むかもしれないのからということで、
岩手県一関市まで高速道路を利用し、そこから気仙沼へ。

気仙沼にある仮設住宅へ行く途中に、
津波の被害に遭った地域がありました。
震災から9ヵ月経った今でも、
海から離れている陸地に、大きな船が不自然にありました。
1階部分が鉄筋の骨組みだけ残っている建物がありました。
津波の被害を目の当たりにすると、
本当に胸が痛み、言葉が出てこなくなります。

仮設住宅の集会所をお借りして、マッサージをさせていただきました。
この日の気仙沼は最高気温1度、最低気温-4度。
プレハブの集会所は、エアコンが設置されていましたが、
壁や窓、床から冷気が入ってきて寒かったです。
夏の暑さ・冬の寒さ。
季節ごとに様々な課題が出てきますね。
できるだけ過ごしやすい環境が整いますように。

集会所に来てくれた子供達の中には大はしゃぎする子たちも。
普段、思う存分遊べないのだと思います。

大人も子供もみんなが悲しい想いをした今年。
来年は良い年になりますように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/20(Tue) 14:11 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック